秋の小楢山

konarayama001.jpg

最近バタバタしていて1日単位での撮影が困難になっておりました。
そんな状況ではありましたが、先週の土曜日(29日)にようやく1日単位で自由に動ける日が訪れました。
せっかくだから紅葉の山へと計画を立てますが、時期が時期だけに混雑が予想されます。
当初は大菩薩峠へ登ろうかと思っていましたが、静かな山が良いということで出発直前に小楢山(こならやま)に変更します。


konarayama002.jpg

大菩薩峠も小楢山も登山口までの移動時間は変わりませんが、小楢山へは水ヶ森林道の静かなコースを進むことができます。
水ヶ森林道は太良峠(たらとうげ)が起点となるのですが、この太良峠までの登りが原チャでは拷問となります(笑
過酷な登りをクリアさえすれば、山でいう尾根道的な様相で、非力な原チャでも快適に走れます。
小楢山の登山口がある焼山峠までの道中では、紅葉はもちろん雄大な富士山の景色も楽しむことができます。(1枚目)
こんな写真を撮ったりしているので、登山口までは思った以上に時間が掛かってしまいました^^;

konarayama-map.jpg

登山口である焼山峠へは(地図上の左上方)乙女高原方面よりやってきます。
この乙女高原は一面のすすき原になっており、夕景の撮影を予定していましたが、移動時間の狂いなどで空振りとなります・・・。
登山口である焼山峠に到着したのは12:20でした。
コースタイムは小楢山山頂まで80分とありましたので、日没を考えるとちょっと忙しい登山となりそうです。
忙しい理由はというと小楢山の先にある幕岩を計画に入れていたからであります。
コースタイムは大雑把なので大丈夫でしょう・・・ということで出発します。
(往路では幕岩まで一気に進み、復路にて小楢山のピークを踏むというコースを歩きます。)

konarayama003.jpg

小楢山に登るのは2度目なのですが、幕岩まで行くのは今回がはじめてとなります。
山頂より20~30分という記述を見たこともありますが、(時間節約のため)歩きに集中して最低限の撮影にしたいところですが・・・^^;
今年の紅葉はイマイチと聞いていましたが、どのもみじもアップには厳しい状況でした。

konarayama004.jpg

幕岩へと登る鎖場。幕岩までは約1時間で到着、日没を心配する必要はなくなります。
この幕岩は尾根に突き出る岩で、その上の立てば360度のパノラマを楽しめます。
ちなみにこの鎖場、ギャップが大きな箇所があり、不覚にも下りは恐怖しました^^;

konarayama005.jpg

幕岩から小楢山のピークを。
カラマツの紅葉と意外に雄大な山容が素晴らしい景色でした。背後の岩山は乾徳山(けんとくさん)、扇平の草原も確認できます。

konarayama006.jpg

南アルプス方面。霞に光が当たって見えづらいですが、右側には甲斐駒ヶ岳が確認できます。

konarayama007.jpg

富士山も綺麗に見えます。右のピークは大沢山頭、すぐ近くなので行ってみましたが展望はイマイチ。

konarayama008.jpg

そしてこのブログではおなじみの金峰山。2008年から毎年2回登っていたのに、今年は1度も登らずに終わりそうです。

konarayama009.jpg

美しいカラマツの紅葉。
幕岩のパノラマを楽しんで大沢山頭のピークを踏んで、いよいよ小楢山のピークを目指します。

konarayama010.jpg

幕岩から大沢山頭を経由して小楢山の山頂へは40分を要しました。
以前に来たときには富士山は見えなかったので、今回見ることができて本当に良かったです。

konarayama011.jpg

ちなみにこの小楢山ですが、標高は1,713mで山梨百名山に名を連ねます。
奥秩父山系らしい静かな雰囲気でコースタイム的にも手頃で、お昼過ぎからの登山でも十分に楽しむことができます。
山頂よりちょっと足を延ばした幕岩は絶景です。

konarayama012.jpg

山頂で遅めの昼食を楽しんだらいよいよ下山です。
時刻は14:40くらいでしたが、山頂には私のみで下山中にも誰にも会いませんでした。
貸し切り状態で撮影を楽しみます。(楽しんだ分、乙女高原の夕陽には間に合いませんでした・・・。)

konarayama013.jpg

アップでは厳しいもみじでしたが、夕陽を受けて輝く姿は美しいものでした。紅葉時の低山の樹林帯歩きは心地よいです^^
山頂から登山口の焼山峠までは約40分くらいで到着。

konarayama014.jpg

夕陽の乙女高原は空振りと終わりましたが、太良峠からの甲府の夜景と三日月が撮れました^^
紅葉真っ盛りではありましたが、比較的人も少なく快適な登山を楽しむことができたのは幸運でした。
紅葉の山も美しかったし、バイクでの林道もご機嫌で、充実の1日となりました。

今日から11月。いよいよ年末の足音が聞こえるようです。

(DT16-105mm/F3.5-5.6)


[ 2011/11/01 00:00 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(8)

素晴らしいショットの連続ですね

おはようございます。
楽しい山行だったようですね。
一枚目の富士山、やっぱりカッコいいです。
二枚目のcondorさんの愛車、バイクで移動される人が羨ましいです。
バイクもこの自然の中に溶け込んでいますね。
秋の柔らかい日差しがバイクにご苦労さんと言っているようです。
3枚目の紅葉、いかにも山の肉太のもみじがとても綺麗です。
結構、厳しい鎖場ですよね。
登りも大変ですが、下が見えるくだりのほうが確かに痺れます。
7番の富士山の入ったカットがやっぱりいいですね。
13枚目の夕陽に映える木立ちも素敵です。
最後の夜景も三日月がぐっと締めていますね。
山行、お疲れ様でした。
[ 2011/11/02 07:33 ] [ 編集 ]

condorさん 若い頃ハイキングで何回も歩いたことのある山々の写真に見ほれています。
バイクでひとっ走りは羨ましいですね。
焼山峠、小楢山、乙女峠、乾徳山、金峰山と紅葉した唐松の中を歩いた記憶がはっきり残っています。
これらの写真で少し風が吹くとぱらぱらと落葉松の落葉がテントにあたる音を
聞きながらシュラフに入って・・・・・など楽しい夢を見させていただきました。
この辺りの落葉松の黄葉は本当に綺麗ですね。
山のビギナーの頃のお友達もいまや立派なじじ、ばばになっています。
年末には又忘年会でもやりたいと思います・・・
[ 2011/11/02 09:17 ] [ 編集 ]

こんばんは
今回は3枚目の構図にびびびっときました。
いえ,スーパーびびびにしておきます。(^^)
背景の樹木の幹や枝が中央の紅葉に向かって集まり,
メインの紅葉に視線が誘導される構図だと思いました。
風景の完成度としては,10枚目も素晴らしいですね。
[ 2011/11/02 21:33 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

低山ですが久々の登山らしい登山でしたので、とても楽しい時間となりました^^
広葉樹の紅葉はイマイチでしたが、カラマツの紅葉は美しく、樹林帯歩きは癒しの一時でした。
もっと早くに出発すれば、いろいろとゆっくりできたんですがね^^;

林道の道幅は狭いのでバイクは重宝します。
尾根まで上がるのが大変ですが、登ってしまえば意外に快適なんですよ。
2枚目のような写真は車より撮りやすいですしね^^

たくさんの写真に嬉しいお言葉を、ありがとうございます!
綺麗だと思う景色を、気ままに撮っているレベルですが励みになります。
最後の夕景は三脚を持ってなかったので、地面に置いて(石にて水平をとって)撮影しました(笑

山梨の登山は富士山の眺望があるので、とても恵まれた環境だと思います。
これからもいろんな山からの富士山を、お見せしたいと思っています。
いつも嬉しいコメントを、ありがとうございます!
[ 2011/11/02 23:35 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

歩かれたことがある人だと分かると思いますが、奥秩父の山の静かな雰囲気は独特ですよね。
山のランクは南アとかに比べて落ちますが、雰囲気と訪れる人のモラルは高いと思います(笑
金峰山を筆頭に国師ヶ岳、乾徳山と、私にとってもお気に入りの山になっています^^

気ままに撮った写真ではありますが、見て過去の記憶が思い出されれるのは嬉しいことです。
幾分、登山道は便利になったようですが、山の様相は当時と同じですよね。
幕岩へは初めて行きましたが、岩上から見た小楢山の雄大さは驚きました。

落葉の音を聞きながらの幕営は素敵な思い出ですね。
現実は歳をとったかも知れませんが、仲間と話を始めると当時の姿に戻るんでしょうね。
たくさんの素晴らしい思い出があるのでしょうね^^
[ 2011/11/02 23:36 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

3、10枚目に嬉しいお言葉を、ありがとうございます!
3枚目はもう少し低い木が理想でしたが、広角の描写と木の配置に助けられました。
驚きのスーパーびびびでしたが、嬉しく受け取らせていただきます^^

10枚目は甲州市などの市街地が見えるのも面白いところでしょうか。
自分のいる場所の高度感はもちろん、市街地を見下ろす富士山の雄大さも感じられますね。
この山独特の景観だと思います。同時に夜景への期待が高まります。

この場所から違う時間の写真を、いつかお見せしたいと思います^^
[ 2011/11/02 23:37 ] [ 編集 ]

富士山、金峰、甲斐駒、山梨のお山に登ると無意識に探してしまうランドマークですね。
唐松の紅葉って地味だけど、針葉樹って陽に当たるとキラキラ輝くので、きれいですね。
小楢山、まだ行ったことないんです。condorさんの写真見て是非登りたいと思いました。
夜景も素敵です!
[ 2011/11/06 00:17 ] [ 編集 ]

ぜいぜいさん、こんばんは!

こちらにもありがとうございます^^
展望が良い山から撮りたくなるシーンは、だいたい同じですよね。
そうと分かっていても、撮りたくなるのがこれらのシーンなんですよね(笑

針葉樹の紅葉は山奥のイメージがあり、その樹林帯を歩くのは癒しの時でもあります。
陽に照らされて輝くオレンジと、パラパラと落ちる葉の音に季節を感じます^^
小楢山は気軽にそのような雰囲気を感じられる山です。

ぜひ、幕岩とあわせて歩いてみてください☆
[ 2011/11/06 19:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/888-e86b13c8