冬の大三角&グルグル

hoshizora003.jpg

箱根駅伝も終了していよいよ正月気分も、現実モードへと戻さないといけないですね。。。
さて、今年の初撮りは星空撮影です。寒い中を撮影に赴くには気合と勢いが必要になるジャンルです。
本当は野辺山での撮影を予定していたのですが、夕方のライブカメラでは雪が降りそうな寒空でした。
撮影方法など時期尚早という思いもあったので、練習の意味も込めて近場へと足を運んでみました。(甲府は晴れていた)
(写真はベテルギウス、シリウス、プロキオンの冬の大三角、オリオンとともに)


hoshizora004.jpg

1月2日の月齢9の月は思った以上に明るく、車を停めた場所からの歩きはしっかりとした影を伴いました。
星を撮る場合にはやっかいな明るさとなるわけですが、風景や人工物を浮かび上がらせるので悪いばかりではありません。
この月の明るさがどう撮影に影響するのか・・・そのあたりも今回の撮影の意図に含まれています。
ちなみに月は日付の切り替わりとともに沈むのですが、日付の切り替わりとともに撤収するcondorさんでした^^;

hoshizora005.jpg

冬の大三角のクローズアップ(換算35mm)。星を大きく演出するためにフォーギーフィルターを使用。
ガイド撮影ではないのでアップにすると星の動きが目立ちます。
焦点距離&ISO&シャッタースピードのバランスを考えないといけなさそうです。

hoshizora006.jpg

で、風景も入らずに味気ないですが、今回のメインの場面(グルグル)の構図。
懐かしいですね、小学校の理科の教科書を思い出しませんか?

グルグル撮影にあたっていろいろな考えが浮かびました。(よ~かんさん、過去の富士山、とても参考になりました^^)
① 低ISOにて長時間露光する・・・その場合には月齢9の月明かりは絶望的に明るすぎるかも?
② 高感度で20秒くらいのカットをコンポジット撮影&合成・・・使うISOにもよりますがα700の高感度に一抹の不安も。
③ 低感度で30秒くらいのカットをコンポジット撮影&合成・・・満月の新道峠でもしっかりと星は写っていた!?
(北斗七星が六星しかないというあなた。いいのです、今回はこれで(笑 )

hoshizora007.jpg

北極星(ポラリス)を中心にグルグルの巻き。(30秒で撮影した60枚(30分)をコンポジット合成)
まあいろいろな失敗もあったわけですが、結局、③の方法で1番理想の絵が撮れました。
低ISOなので露光中に流星が流れても写らない不安もありますが、思った以上にクリアな画質に満足です。
ガイド撮影ではないので、天の川はこうはいかないと思いますが、単なる星空風景なら現状の機材でも問題無さそうです。

hoshizora008.jpg

最後は七星となった北斗七星(笑
次の3連休ではバシッとした1枚を撮りたいです。
1枚でもいいから良い写真があれば、とても素敵なスタートになるんですがね^^
さて、どうなるか!?その前にまた現実に戻らないといけません・・・。
さもない写真ですが、次に繋がる一歩ということで^^;

①、③、⑥(DT18-70mm/F3.5-5.6 フォギーB)
②、④、⑤(DT16-105mm/F3.5-5.6)


[ 2012/01/03 14:05 ] 夜空・星空 | TB(0) | CM(14)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/01/03 17:25 ] [ 編集 ]

ワンダフル☆彡

こんばんは。
きれいに撮れてますね。
カシオベア座、オリオン座。北斗七星。
華麗にわかりました。
あってるかな~(^^;;
なかなか撮影は、大変でしょうが、お正月。第一弾。
決まってますよ(^_-)
素敵な星空を見せていただきありがとうございます☆彡
[ 2012/01/04 03:12 ] [ 編集 ]

お正月からどなたか元気な方が立ち上がっていらっしゃるかなと思い
condor さんの所で暫く立ち止まってしまいました。
暫く見ていなかった冬の大三角・・・・ひしゃくの逆立ち・・・・・
北天の大渦巻き・・・・・・などなど。
いろいろ勉強されて居てお見事です。
これでは近じか何処かのプラネタリュウムへ足を運ばざるを得ないです。
お正月早々素晴らしいものを見せていただきました。
[ 2012/01/04 14:07 ] [ 編集 ]

こんばんは
寒い中での長時間撮影,お疲れ様でした~
星空撮影は,私にとって未体験ゾーンですので興味深く拝見しました。
星について小学生並みの知識しか持ち合わせていないので,
おなじみの星座がうれしかったです。(笑)
ラストの1枚が特に印象的でした。
[ 2012/01/04 20:56 ] [ 編集 ]

鍵コメさん、あけましておめでとうございます!
いろいろとありがとうございます♪
[ 2012/01/04 23:22 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

ありがとうございます!
カシオぺア座、オリオン座、そして北斗七星で正解です♪
星空を見上げると正座盤とか理科の教科書とか思い出しますよね。

星撮影は難しいイメージがありますが、撮影自体はたいしたことないんですよ。
どちらかというと暗さや寒さが大きな敵となります(笑
今回の撮影練習をもとに次の連休で狙いの1枚を撮りたいと思っています。

もしかした寒さに挫けるかも知れませんが・・・ちょっとだけ、お楽しみに(笑
[ 2012/01/04 23:37 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

ありがとうございます!
寒いなか頑張って撮影した甲斐がありました^^

enosinさんは3,000m級の山々からこれらの星を眺めたんでしょうね。
今年の夏は少しだけその世界に近づこうと思っています。

プラネタリウムは天候に左右されない、最高の星空を見られますね^^
大敵の寒さはないですが、睡魔に負けないようにしないといけませんね^^;
[ 2012/01/04 23:47 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

ラストの写真、ありがとうございます!
私は銀塩時代は夜間のバルブ撮影がメインでした。
デジタルの場合は若干イメージが変わりますが、昔を思い出しながら撮影しました。

星の知識は少なくても、知っている星を撮るのは楽しいですよ^^
もし興味がわいて撮影のイメージができましたら、このような練習をお勧めします。
練習からいろいろ見えてくるものが多いので・・・^^;
[ 2012/01/04 23:58 ] [ 編集 ]

こんばんは。
今年は天体撮影にも挑戦したいと思っています。
でも、この寒空に出かける気合と勢いが保てるかどうか・・・
あとは場所も悩むところです。
光が届かないほうが良いに決まってますが、その分行くのが大変になりそうですし。
しかし、せっかくの椅子と双眼鏡はぜひとも活用したいところです。
[ 2012/01/05 22:16 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

あの双眼鏡だと撮影よりも観測の方が楽しいかも知れませんね^^
クリアな画質と明るい視野は、時間を忘れて眺めていられそうです。
良い買い物しましたね♪

どういうイメージで撮影するかにもよりますが、街からは離れた方が良いでしょうね。
ホームグランド的な場所と、勝負撮影の場所が見付かると良いですね!
すずさんのところで見れる天体写真を楽しみにしています^^

冬の星空は綺麗ですが、人間さまが大変ですよね~^^;
[ 2012/01/06 00:31 ] [ 編集 ]

星空、すてきです。
星空どころか夜景もまともに撮れないので、自分も勉強してみようかなあ。。。
冬は星空も雪のお山も美しいので写真楽しみですね。
[ 2012/01/07 13:33 ] [ 編集 ]

ぜいぜいさん、こんばんは!

ありがとうございます!
星空撮影は難しいと思われがちですが、慣れればそれほどでもないですよ。
それ以上に寒さや眠さとの戦いが大きいと思います(笑

冬は大気も澄んで、星が綺麗に見えますよね。
とりあえずお気に入りの星座を撮ってみても楽しいと思います^^
是非、1度挑戦してみてください☆
[ 2012/01/08 16:11 ] [ 編集 ]

condorさん、こんばんは~
年明けから星景とは素晴らしいですね~♪
しかも私のアレが少しでも参考になったのなら嬉しいです。

私がグルグルに挑戦した時はまだコンポジットの存在を知らなかったので、
とにかく寒くて月がない時を狙うしかありませんでした。しかもデジカメ
のレンズが∞にしてもピントが合わなくて、真っ暗だと絶望的にピントが
合わず、仕方なく明るい時に同じ場所に行きピントを合わせて固定したり
とかすごい面倒な思いをしましたが、今考えるとよくあんな面倒なことを
していたなあって(笑)
流星はISO100では写りませんでした。もしかしてかなり大きな明るい流星
なら写るかもしれませんが・・・

二枚目の人工物がすごくカッコいいです。そしてフォギーを使うとこんな
にも美しくなるんですね。
これからもcondorさんの夜景がとっても楽しみです♪
[ 2012/01/15 23:04 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

富士山をバックにグルグルの写真は衝撃的でした。
よ~かんさんには富士山の写真を褒めてもらったりしてますが、あの写真を見てしまうと
格の違いを感じてしまいます^^;
素晴らしい写真なので、思い出した頃に見せてもらってます^^

ピントの∞のお話し、良く分かります^^
幸いにもメインレンズは、ピントリング目一杯が無望遠です。
径の問題でフォギーは別のレンズで使いますが、そのレンズは非常に曲者です(笑

銀塩時代からバルブ撮影をしてきたので、コンポジットには多少抵抗がありました。
よく行く新道峠でもコンポジットは使わずに、バルブ撮影していたくらいですから(笑
でも、今回の野辺山の撮影行で、その認識は変わりました。

露出は1枚決めればいいですし、連写&レリーズロックで自動ですし、とても楽なんです。
合成する際に間引きもできますし、1回の失敗で全滅ということはありません。
光跡が破線になるのがアレですが、等倍とかで見ない限り問題ないと思います。

今回と野辺山でのグルグルはISO100ですが、流星狙いのときはいろいろ考えたいです。
構図を考えてコンポジットで待ち構えるなんてのも楽しそうですよね。
ちなみにコンポジット合成には「LightenComposite」を使いました。(フリーソフト)

星撮影にはプロソフトンAが王道のようです。(薄枠でないと広角でケラレます)
フォギーBは星だけで撮る場合は、効き目が強くて良いと思います。
多少条件が悪い場所でも星座が浮かび上がるように見えます^^

今年はコンポジットに嵌ってみようかと思っています☆
[ 2012/01/16 21:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/906-75d76bc3