スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月夜の野辺山 ~野辺山宇宙電波観測所~

hoshizora014.jpg

やまなしの木を撮影した後は、野辺山宇宙電波観測所をバックに、例のグルグル撮影に挑戦しました。
45mのパラボラと、北極星を中心に渦巻く星空は、憧れのシーンでしたが、ちょっとほろ苦い撮影となりました。。。
星座の姿を残すように光跡を短くしたのですが、これがなんとも中途半端な絵に・・・。そしてレンズの霜・・・これには参りました。
今回のエントリーは明かりを暗くして見るとより効果的です(笑


hoshizora015.jpg

グルグル、パート1はカシオペアとパラボナ。
パラボナは何度か動いたのですが、最終的にこちらに顔を向けた位置で止まり、このよ
うな写真となりました。
この1枚を見る限りは動いたから駄目という訳でもなさそうです。

hoshizora016.jpg

グルグル、パート2は北斗七星とパラボナ。
2枚に分けずにカシオペア&北斗七星で撮れば良かったのですが、パラボナの位置と渦巻きの位置に拘りがあったようです^^;
2枚とも、もう気持ち光跡が長ければイメージがだいぶ変わったんですが。。。

hoshizora017.jpg

グルグル、パート3は八ヶ岳とともに。一際明るいのは木星。
約20分の星の光跡。ほんとうは30分撮影したのですが、残りの10分はレンズの霜で使い物になりませんでした。
結果的にこれが最後の撮影となりましたが、カメラもレンズも三脚も霜で真っ白だし・・・^^;
結露によるショートが怖かったので、カメラは電池を外してトランクでくつろいでもらうことに(笑

hoshizora018.jpg

最後はオマケのフィッシュアイでのやまなしの木を。
帰りに狙っていた場所もありましたが、カメラの電源を入れる勇気がなく諦めました・・・。
今回は絵的な問題から二箇所で撮影しましたが、今思えば一箇所に腰をすえて撮影すれば良かったと思ったりします。
二箇所になったことで時間的な余裕がなくなったのですが、上のようなシーンで星の光跡を残したものも欲しかった・・・。
また、冬の大三角と八ヶ岳で撮影したかったんですが、月とセットになることや夜明け間近ということで諦めました。
次へのテーマもできたことですし、また撮影に来たいと思います。

①~④(DT16-105mm/F3.5-5.6)
⑤ (Fish-eye-Takumar 1:4/17)


[ 2012/01/12 23:20 ] 夜空・星空 | TB(0) | CM(8)

頑張っていますね

おはようございます。
寒い中、いろいろと挑戦されていますね。
素晴らしいことですね。
condorさんの意欲、体力、気力に感心するばかりです。
私も見習わないと。
しかし、寒いとレンズやカメラが大変なことになるんですね。
私は去年の京都の雨の中でレンズが曇ってどうしようもなくなりましたが、
気温が低いといろんな注意が必要なんですね。
苦労された甲斐あって、星が回る写真がきれいに撮れてますよ。
山の中にパラボナアンテナが不思議な空間を演出していますね。
最後のフィッシュアイのショット、とてもいい感じで素敵な一枚ですね。
[ 2012/01/14 09:09 ] [ 編集 ]

こんばんは
パラボラアンテナの曲線と星の光跡の曲線をコラボにするとは,
ナイスアイデアでしたね!
今回は,その2,3枚目にやられました~
[ 2012/01/14 17:04 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

今年最初の3連休はこの撮影に集中していました(笑
幸いにも初日で希望の絵が撮れたので、その後の休みはのんびりできました^^
月明かりなど時期が限定される撮影は力が入ります。

電池の電圧低下やレンズの霜はいいとして、カメラの結露は怖かったですね。
ショートさせたらおしまいですからね・・・。
結局、カメラは自宅まで電池をセットすることはありませんでした。

撮影地の選択やフィッシュアイの1枚に、嬉しいお言葉を、ありがとうございます!
細かい失敗はありましたが、イメージどおりの絵が撮れて、良いスタートを切れました^^
しかし、-14℃の世界は寒かったです^^;
[ 2012/01/15 00:33 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

この場所はやまなしの木と同じく思い入れがありました。
ほんとうはもう少し雪原していて欲しかったんですがね。。。

2、3枚目、ありがとうございます!
もう少し光跡が欲しかったところですが、MJKさんのお言葉が救いになりました^^

多少荒削りですが、なんとかイメージどおりの写真が撮れたかと思います。
個人的には良いスタートが切れたと、ホッと一安心という感じです^^;
[ 2012/01/15 00:43 ] [ 編集 ]

全編美しいです!
特に一枚目の雪を被った山々と、二枚目のこっちを向いたアンテナとグルグルのコラボが
ゾクゾクしてしまいました。ホント、クリアーで美しいですね~
最後のやまなしの木も素晴らしい存在感です。
そういえばバックの燃えているようなものはなんなのでしょう?

霜は寒いとどうしても向き合わないとならない問題ですよね。
鏡筒に灰式のカイロを取り付けてレンズを軽く暖めて霜を防ぐことが出来るらしいのですが、
そこまで低い温度下ではどこまで有効なのかは分からないです。
私が試した時は熱が伝わり過ぎないように鏡筒とカイロの間にタオルを挟んで、それごと
バンドで留めました。でも結局本番では霜は下りず、使いませんでした。
例の富士山の時に調べた方法なので、未だに役に立つかどうかは分からないのですけど・・・
[ 2012/01/15 23:30 ] [ 編集 ]

八ヶ岳高原の冬の寒さは過去に経験した事が有りますが
このように実体験の生々しい状況報告や美しい野辺山高原の星空の
作品を拝見するとなんとも凄みが感じられます・・・・・・・
毎夜このパラボラは動いているんですね。1~3枚目のアンテナが生きているように感じられます。
[ 2012/01/16 17:26 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

ありがとうございます^^
アンテナは半周したかと思いますが、最後にこちらを向いたのでこの絵となりました。
合成するまでは失敗だと嘆いていたんですが、分からないものですね、合成したらこのとおりです(笑

やまなしの木の向こう側の燃えるようなヤツは、スキー場のカクテル光線です。
無ければ無いで殺風景ですし、有れば有ったで邪魔な感じですか(笑
個人的には色合いが好きなので、有ってもいいかなと思っています。

霜対策、ありがとうございます!やはり灰式のカイロがいいんですね。
貼るタイプのホッカイロを鏡筒に置きましたが、いつの間にかカチンコチンに^^;
人間は万全の服装でしたが、カメラ&レンズの対策がお粗末でした(反省

残念ですがやまなしの木の回復は無理そうです。
もしかしたらここ1~2年のうちにという感じなので、もし撮影していなかったら訪ねてみてください。
佐久を目指して「びっくり市」を過ぎて、すぐ右へ入る農道の先になります。

しかし、例の富士山は凄いです^^
液晶確認で真っ暗な中でガッツポーズする、よ~かんさんが見えるようです。
やはり、よ~かんさんは凄いです♪
[ 2012/01/16 21:30 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

これだけの施設を作るわけですから、野辺山の星空は折り紙つきです^^
この日は満月に近い月明かりでしたが、降ってくるような星空でした。
やはり野辺山は天文の聖地ですね。

なにを観測していたのか分かりませんが、パラボナは定期的に動いていました。
動く前に独特の音をたてるのですが、撮影中はその音がしないように祈ってました(笑
寒さとパラボナの動きがこの日の大敵でした^^;

星空撮影は難しいイメージがありますが、じつはそうでもないんですよ。
今ある機材で十分に撮影可能です。
旅行などで綺麗な星空を見ましたら、ぜひ挑戦してみてください☆
[ 2012/01/16 21:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/908-7f5943d4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。