目覚めの使者

kawarahiwa001.jpg

先日まだ小さな雛とブログに書きましたが、その予想とは裏腹に巣立ちの時を迎えたようです。(急展開でスミマセン^^;)
野鳥の巣立ちは思った以上に早い段階で行われ、まず雛たちは命懸けの飛行訓練に挑戦することになります。
一昨日(19日)にまず一羽目が巣立ち、我が家の勝手口に迷込んできます・・・仕方がないので庭の木に置くことにします。
一夜明けて昨日(20日)の早朝に、親鳥の後を追うかのように、大空へ羽ばたいていきました。
そして今度は二羽目が巣立ちを迎えます。(左が雛で右が親鳥)


kawarahiwa002.jpg

一羽目は我が家の勝手口に迷込んできましたが、この二羽目はまず池に落ちたようです。
我が家の池は石垣のようになっていて、池に落ちた雛は自ら飛び出して、石の隙間に身を潜めたようです。(多少推測(笑 )
それを見た親鳥は、これは一大事とばかりに大騒ぎ。。。一昨日といい、昨日といい、朝の5時からの大騒動です(笑
この1枚は親鳥の誘導で池から這い上がって、ヒバの木に飛び移ったときの姿。

kawarahiwa003.jpg

「おはよう!騒いでゴメンね♪」 とでもいってくれたら可愛いですけどね^^;
そんな訳で朝早くから起こされるので、みなさんのブログにも早朝にお邪魔することに(笑

kawarahiwa004.jpg

親鳥は雛に人が近づこうとするものなら、ものすごい勢いで威嚇してきます。
手が届くような距離で飛行するカワラヒワを見たのは初めてです。
子供の虐待やら育児放棄やら、頻繁に目にする世の中ですが、身を挺して雛を護るカワラヒワを、見習って欲しい気持ちです。
親鳥にたいして 「僕は敵じゃないんだよ。一昨日も雛を助けたじゃないか。。。」 とアピールしますが、融通は利かないようです(笑

kawarahiwa005.jpg

そして先ほどのヒバの木からアジサイに場所を移します。
このアジサイは人通りが多い場所であることと、木の丈も低く猫に襲われる危険大なのです。
左下が親鳥で中央やや上が雛。

kawarahiwa006.jpg

私が仕事へ行ってしまうと、自宅にいる母にはどうにもできないので、親鳥のいない隙に一羽目のときと同じ位置に移動させます。
すぐに呼び合ってエサをもらっていたので大丈夫でしょう。で、帰宅して母に聞くと、移動した場所にずっといるといってました^^
早ければ明日には大空へと飛び立ってしまうでしょう。う~ん、目覚めの使者がいなくなるのも、ちょっと寂しいような(笑

一羽目は逆放物線のような飛行で飛び去るのですが、私と母は祈るような気持ちでそれを見届けました^^

(AF75-300mm/F4.5-5.6(D))


[ 2012/04/21 00:00 ] 生き物 | TB(0) | CM(10)

かわいいですね。

おはようございます。
朝早いのは、全然、問題ないです。
なぜか50過ぎから朝眠たいのに寝ていられない症候群で困っております(^^)
で、今回の巣立ち、物語のように読ませて、いや、見せて頂きました。
可愛いですね。
人間社会もみなわらないといけませんね。
あじさいの茎の大きさから比べるとけっこう小さな鳥だと思いますが、よく、綺麗に撮られています。
落ちた日なの毛羽だった様子がシャープに撮られていて、よくわかりました。
素敵な朝を見せていただき、今日、一日ファイトが沸いてきました。
[ 2012/04/21 06:51 ] [ 編集 ]

子どもを一人前に育てるまでの苦労は母親鳥にとっては大変なストレス
でしょうね。
特にカワラヒワは鳴き声はとても素晴らしいですが小鳥の中では一番
弱い立場でしょうから・・・・・
お宅の庭に巣を作ったのは正解だったでしょう。
これだけ目を掛けているのですから親鳥も幸せですよ・・・・・
東京では相変わらず"カラス"の横暴振りがひどく特に今は巣作り中
なので弱者はたちまち餌にされてしまうようです。

[ 2012/04/21 09:31 ] [ 編集 ]

こんにちは
巣立ちのシーンをこのように写真に収められたのがすごいことですね!
1枚目の親子のコラボに,ラストのジャスピン。すばらしいです~
私も身近な自然や生き物に目を向けたいと常々思っていますが,
日々の生活に余裕が無くてだめです。。。
そういう余裕をもてるような自己管理ができたらと思うのですが。
[ 2012/04/21 12:47 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

部屋が庭に面しているので、連日の大騒ぎに睡眠不足気味です(汗
年齢とともに早起きになる実感はありますが、私の場合は7:00ちょっと前くらいの段階のようです(笑
雛は思った以上に小さいですよ、しかも一丁前に威嚇もします。

早朝の騒動はアレですが、親鳥の一生懸命さに感動しました。
簡単に子供の命を奪ってしまう人間がいるのに、遥かに厳しい世界の中で子育てするわけですからね。
せめて我が家の庭の中だけでも協力するという物語でした☆

雛の可愛らしさと、素敵な朝を感じていただき、とても嬉しいです^^
[ 2012/04/21 18:08 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

親鳥の苦労とストレスは大変なものだと思います。
雛が鳴くと居場所が分かってしまうので、人間が近づくとわざとそばに来て、雛から気をそらそうとするんですよ。

カワラヒワは雛を守るために、あえて人間の生活圏に巣を作ったのでしょうね。
我が家でははじめての出来事でしたので、ちょっと嬉しい気持ちもあったりします^^

人間の生活圏ですから、カラスと猫は本当に心配でした。
いま現在も庭の木に雛が滞在しているようですが、無事に大空へ羽ばたいて欲しい気持ちです☆
[ 2012/04/21 18:19 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

いつもより2時間も早起きさせられているので、二羽目には撮影に協力していただきました(笑
といっても結構暗いのと望遠レンズなので、すべてISO1600での撮影となっています。

1枚目は親鳥の存在が撮れて良かったですし、ラストは高感度のわりにキレが良くて良かったです^^
2枚ともに嬉しいお言葉を、ありがとうございます!

きっと私の部屋にMJKさんが寝ていたとしても、強引に起こされ撮影に至ったかと思います(笑
今回は自己管理というより、カワラヒワに管理されたというところです^^;
[ 2012/04/21 18:38 ] [ 編集 ]

ありがとう

去年の6月下旬に保護したカワラひなと比べ、
懐かしさのなかに、自分の過保護を確認しました。
サヤ毛の段階で飛べるとは予想以上。
餌を自力でとれるまでと言い訳したにせよ、
10日以上余分に保護していたんだなぁと反省。
でも、きのりんBの保護していたカワラひなの方がカワイイかも。なんて、バカぶりが治らないのはご容赦ください。
6枚目の寂しげなヒナもいいですが、
3枚目の五右衛門みたいなヤツが、けっこう好き。
モデルにも、撮ったcondorさんにも感謝。
[ 2012/04/21 21:46 ] [ 編集 ]

きのりんさん、おはようございます!

2羽目が巣立って2日目の朝ですが、まだ庭の木に滞在しているようです。
昨夜から冷え込んでいたので、ちょっと心配しましたが、先ほどえさを貰っている鳴き声が聞こえました^^
この二羽目ですが明らかに一羽目より小さく、巣立つには早い印象でした。
一夜で他の場所へ飛び立った一羽目とは違い、庭に留まっているのがその証拠だと思います。
ある程度飛べるようになるまで、この庭で練習するのかと思われます^^

今回の場合は我が家に巣があり、親鳥もそばにいたので、自然に任せる方法をとりました。
きのりんさにもお話ししたとおり、昨年のこともあったので、予め決めておいたのです(笑
仕方のないケースもありますし、きのりんさんの件が過保護なんて思いませんよ^^
むしろ我が家ではできなかった、素敵な物語として今も心に残っています♪
写真を褒めていただき、嬉しく思います^^こればかりは雛に感謝です☆

今回は嬉しいコメントをありがとうございます!
[ 2012/04/22 05:37 ] [ 編集 ]

この鳥さんたちにとっては、condorさんのお宅が安心の場所だったんですね。
身近な生き物が懸命に生きる姿はけなげで、親の愛情もすごいですね。
不安そうなヒナの顔、威嚇するような親鳥の姿が臨場感たっぷりですね。
とてもいい写真と思いました。
[ 2012/04/24 13:39 ] [ 編集 ]

ぜいぜいさん、こんばんは!

朝まで鳴き声がしていた雛でしたが、いよいよ大空に羽ばたいたようで、夕方には聞こえなくなりました。
これからは早朝から起こされることはないですが、ちょっと寂しい思いもしています。

ぜいぜいさんのおっしゃるとおり、親鳥の愛情と雛の健気さを多いに感じました^^
中でも身を挺して雛を護ろうとする、親鳥の愛情には心を打たれました。

二羽とも大空に飛び立ったようで、お節介ながら役目は終了したかと思います(笑
そのお恩返しかも知れませんが、写真は何れも良い顔で撮らせてくれました^^
[ 2012/04/24 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/934-1b46dee2