滝戸山&ナンジャモンジャの木

takidoyama001.jpg

MJKさんのところで見たナンジャモンジャの木の名に懐かしさを感じ、久々に訪ねてみることにしますがそれだけでは寂しい。。。
ということで山梨百名山の滝戸山にも登ってみました。登るといっても尾根まで車で行ける超お気軽コースです。
鶯宿峠(おうしゅくとうげ)の登山口にある案内標柱には40分と記載がありますが、標高差も少なくかなりゆっくり歩いても遅れること
はないでしょう。原生林を感じさせる樹林帯も見事で、気軽さとは対照的に充実のコース内容に思えます。


takidoyama002.jpg

この日は雲が多くて太陽が出たり隠れたりの繰り返し・・・天気が悪そうな写真が何枚かあります。
これは登山道沿いで見た木ですが、強風でなぎ倒されても根を張り力強く生きています。
3~4年前に春日山(山梨百名山)とセット登った時もあったような。。。^^;

takidoyama003.jpg

ヤマツツジはまだ蕾で1番目立っていたのはこの花。ちなみに名前は分かりません。

takidoyama004.jpg

新緑も美しい♪

takidoyama005.jpg



takidoyama006.jpg

これは朽ちた倒木からの芽吹き。何年後かには不思議な景色となるのであろうか。。。

takidoyama007.jpg

そしてこれは 「いつまでもお前を離さないぜ、ベイビー♪」 的なラブラブな木(笑

takidoyama008.jpg

往復でも1時間ちょっとの尾根道歩きは、ちょうど良いハイキングとなります。
滝戸山ハイキングを楽しみ、再び鶯宿峠の登山口に戻って、ナンジャモンジャの木を目指します。車で2分くらいの場所です。

takidoyama009.jpg

で、こちらがナンジャモンジャの木がある場所。
先ほどの滝戸山の登山口がある場所も鶯宿峠と呼ばれますが、実際はそこから少し離れたここが鶯宿峠のようです。
滝戸山と春日山との中間的な場所に位置しています。両山を歩くコースもあるようですが、そこそこの距離もありタフそうです。
車で移動すると滝戸山、ナンジャモンジャの木、春日山と快適に楽しむことができます。

takidoyama010.jpg

そしてこれがナンジャモンジャの木です。(正式名称はリョウメンヒノキ)
ヒトツバタゴのような可憐な花を咲かせることはありませんが、その存在感&威圧感は凄まじく見るものを圧倒します。
名木ハンターにはたまらないでしょうね。ちなみにこの木は 「山梨の巨樹・名木100選」 に選ばれているそうです。

takidoyama011.jpg

樹種不明のためにナンジャモンジャといわれたそうです。

takidoyama012.jpg

元祖ナンジャモンジャのヒトツバタゴですが、調べたら山梨県にも上野原にあることが分かりました。

今では車で簡単に見に行くことができますが、昔の人はここまで来るのは大変だったと思います。。。
芦川から甲府方面を目指す人、またその逆の人も、この木を目指したでしょうし、この木もそれらの人々を見守ってきたと思います。
まさに歴史の生き証人で推定樹齢は400年。県指定の天然記念物にもなっています。

③~⑥ (DT35mm F1.8 SAM)
上記以外(DT16-105mm/F3.5-5.6)


[ 2012/05/28 22:25 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(10)

こんばんは
初めて見る「なんじゃもんじゃの木」が興味深かったです。
枝の付き方が独特で,なんじゃもんじゃ~みたいな感じですね。(←意味不明)
>1時間ちょっとの尾根道歩きはちょうど良いハイキング・・・
私が歩けば,多分,息絶え絶えの登山になるでしょう。(爆)
[ 2012/05/28 22:40 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

ナンジャモンジャ繋がりでしたが、こちらは大樹の風格でした。
>枝の付き方が独特で,なんじゃもんじゃ~みたいな感じですね。
名前の由来はそんなところかも知れないですよ(笑
この木はかなり昔から知っていたので、じつは本家ナンジャモンジャはこちらだと思っていました^^;

山の歩き方は最初(入り)が重要で、思った以上にゆっくり歩くことを心掛けます。
それをしないとさもない遊歩道レベルでも、数分でバテバテになれます(笑
行動時間はあまり関係なかったりするんですよ。

今回はナンジャモンジャ繋がりで、お付き合いいただき、ありがとうございました☆
[ 2012/05/28 23:39 ] [ 編集 ]

なんじやもんじゃの木、でかいですね

おはようございます。
さすがに、condorさん、単になんじゃもんじやの木を見に行かずに、登山もちゃんと入ってますね(^_-)
お手軽トレッキングといえども、さすがに山梨、新緑の森が素敵です。
また、なんじゃもんじやの木、さすがに天然記念物、迫力があります。
[ 2012/05/29 06:25 ] [ 編集 ]

滝戸山は故郷の愛すべき山ですね。
二番煎じとはいえ山梨100名山が選べるというのはそれだけ山が沢山あることで幸せですね・・・・・
4,5番の新緑、私も大好きな雰囲気です。
ナンジャモンジャは本当にどれがその樹なのか?ですね。

12番がヒトツバタゴなんですか・・・・・・
これからも???謎の樹のままで・・・・・と思っています。

[ 2012/05/29 09:49 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

ナンジャモンジャだけだと内容的に乏しいと思い、滝戸山に登りましたがあまり変わりないような気も^^;
展望による爽快感は味わえないですが、新緑の樹林帯を歩くのは気持ち良いです^^

このナンジャモンジャの木は、県内外でも有名で、遠路見に来る方もいるんですよ。
そういえば私も免許取立てのころに来たような気がします(笑

大樹の風格が伝わったようで、嬉しく思います☆
[ 2012/05/29 23:04 ] [ 編集 ]

enosinさん、こんばんは!

12枚目もナンジャモンジャ(リョウメンヒノキ)です。
ちょっと説明が紛らわしかったですね。すみません^^;

山梨県は林道の整備が充実しているので、簡単にアプローチできる山も多いです。
御坂山系はまさにそれで、釈迦ヶ岳なども1時間も掛からずに登ることもできます。

4、5枚目はこの時期ならではの、爽やかな登山道の雰囲気が楽しめました^^
[ 2012/05/29 23:09 ] [ 編集 ]

こんばんは~
最近ホントに山散歩をしていないので、こんな緑の中を行く!
って感じの写真を見るとそそられます・・・
三枚目の写真はボケっぽいですが違うのかな・・・
ナンジャモンジャの木、素晴らしいですね!
ナンジャモンジャの名前は結構色んなところで見かけます。
やはり由来は何の木か判らなかったところからみたいですが。
緑一杯の写真たち、いつもPCに向かっている目にはいい癒し
になりました♪
[ 2012/05/29 23:39 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

エントリーの雰囲気を感じてくださり、ありがとうございます!
新緑の時期の山歩きや渓谷行は、マイナスイオンたっぷりで心癒されます^^
PCの前で目を凝らしていると、余計にこの景色が美しく見えるかも知れないですね!
渓流や滝が よ~かん さんの来るのを待ってますよ♪

3枚目の花、たしかにボケ花に似てますね。
ボケの線で調べましたら、クサボケが捜査線上に浮かびました(笑
ありがとうございます!たぶんクサボケかと思います☆

ナンジャモンジャはいろいろな場所にあるんですね。
意外にこの名前の付いた木の由来は、どれも同じだったりするかも知れませんね(笑
鶯宿峠のナンジャモンジャ、機会がありましたらぜひ訪ねてみてください^^
[ 2012/05/30 21:01 ] [ 編集 ]

木漏れ日と若葉のすがすがしさは、ほんとに心癒されますね。
4枚目のハウチワカエデが喜びをからだいっぱいで表しているようで素敵です。
[ 2012/06/02 10:39 ] [ 編集 ]

ぜいぜいさん、こんばんは!

この時期の樹林帯歩きは本当に清々しいですよね^^
新緑を透ける光線もにわかに緑に染まり、生命力溢れる森林を見事に演出します。

ハウチワカエデは葉も大きく見栄えしますね。
光に透ける姿は天然のステンドグラスのようです♪
[ 2012/06/02 19:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/946-87a379ae