「きぼう」という名の光跡

hoshizora048.jpg
(nex-5n)
遅めの夏休みで山岳星景を狙っていますが、天候に恵まれずダラダラとした日々を過ごしております^^;
そんな日々を過ごしていると登山なんて疲れることは考えたくなくなります(笑
なのでどうしても撮影したいシーンに集中することしますが、星が綺麗に見える夜なんてありゃしない。。。
日暮れとともに空は雲に覆われ、山は日の出間際で晴れて、日が上がると雲に包まれる・・・そんな日々の連続でした。


hoshizora049.jpg
(昇るオリオンとシリウス)
どうしても撮りたいシーンは9月14日に最大のチャンスとなります。
この3連休でも似たようなチャンスがあったのですが、3連休は仕事でしたので祈る気持ちで撮影地の新道峠へと向かいます。
撮影場所の選択には悩みに悩みましたが、平日で人が少なそうということと、相性の良さから新道峠に決めました。
撮影開始は2:30でしたが、予想どおり展望ポイントには誰もいなく、他の人に気を遣うことなくその時を待てました。

この手の写真はISO400くらいで開放側にて撮影してきましたが、カメラを信じて高感度(ISO1600)でF6.3に絞って撮影しました。
そのおかげで四隅のコマ収差もなくなり、きっちりとした星像に写すことができました。(ほっと一安心)
nex-5nの高感度性能があれば、E28mm+ワイコンで全く問題無さそうです。
ちなみに以降の連続撮影ではF7.1で撮影しています。F6.3のままではなくF7.1というさじ加減がワイルドだろ~(謎
(一応、撮影者的には 明るくなる空への対応を考えての ささやかな味付けのつもり^^;)

hoshizora050.jpg
(ISO1600 F7.1 30sec × 60)
到着したばかりのころは雲が多くて不安でしたが、時間の経過とともにクリアな展望となり一安心。
そしてアングルの選択。換算18mmといえども、2枚目のようにオリオンを入れると、かなり窮屈になります。
かといってこの写真のようにオリオンをカットしてしまうのもアレですが、コンポジットにしてしまえばあまり分からないかも^^;
時間とともにオリオンはさらに昇っていくので、結果的にお目当ての時間では気にならない存在となった。
結局、アングルは1枚目のような無難なものに決めましたが、そのシーンがイメージしたものになるのかドキドキでした。

お目当てのシーンは星の光跡(日周運動)にするために1時間の連続撮影。30秒で1シーンなので枚数は120枚となります。
その時の1時間前から撮影を開始して、冬の大三角などを眺めながら過ごします。
最近は一撃必殺のような緊張する撮影はなかったので、久々にいい緊張感を味わいます^^;
そして空が青に染まりはじめる4:27、その時はやってきました。

南の空を国際宇宙ステーション 「きぼう」 が横切る瞬間です。

hoshizora051.jpg
(ISO1600 F7.1 30sec × 120)
そしてこれがそのシーン。なんとか思い描いたとおりに撮れました^^
 ~ 夏富士と 「きぼう」 という名の光跡 ~
山じまいを告げる吉田の火祭り後でも、富士山の賑やかさは続くようです。
数日前に初冠雪を向かえた 寒さ厳しい山頂付近には、ご来光の 「きぼう」 を胸に登る 登山者の光跡。
そしてその遥か後方の上空には、シリウスの輝きにも負けない 「きぼう」 の光跡。
静寂の中でそのスピードと輝きにしばし見とれます。思わず 「おはよう!」 と呟いてしまうのでした。

hoshizora052.jpg

最後は富士山とオリオン&冬の大三角。
オリオンを入れた構図で撮影していたら、 「きぼう」 は冬の大三角を貫くような光跡となったかも知れません。
その部分にはちょっと思い残すこともありますが、構図的なまとまりを考えれば(4枚目で)良かったのかと^^;

昨年もこの時期に新道峠へと撮影に来ました。
その時は夏にもかかわらず素晴らしい雲海でしたが、α700の高感度の弱さから撮影は困難を極めました。
満月のような照明が得られると話は別ですが、月明かりが得られないような夜の撮影は厳しい印象です。
それに対してnex-5nは富士山、鳳凰山、そして今回の新道峠と、月の明かりがない夜の撮影で結果を残してくれました。
そういいながらもザックの中にはα700もちゃんと入ってます^^
最近は写真もアップされませんが、忘れられた存在というわけではありません。
個人的には満足のOVFと操作性のα700と、圧倒的な高感度性能のnex-5nの組み合わせは、最強のコンビだと思っています^^

(E16mm F2.8&VCL-ECU1) ①のみトリミングしています


[ 2012/09/18 10:50 ] 夜空・星空 | TB(0) | CM(10)

こんばんは
今回は(も),しびれるお写真ばかりで,
画面をスクロールするたびに,びびびの連続でした。(^^)
その中でも4枚目は,スーパーびびびです!
こういう写真を撮るのは,下調べと撮影技術と忍耐力に加えて,
好天を呼び込む気合いも必要でしょうね~
とにかく素晴らしい星景に感動しました。
[ 2012/09/18 20:13 ] [ 編集 ]

きぼうのきどう

こんばんは。
JAXAできぼうの軌道が判るので、便利な世の中になりました。
きぼうはお写真の右から左に移動しているのですね。肉眼でも見えましたか?
⑤番目のお写真を拝見して、ちょっと ホッと しました。
[ 2012/09/18 22:26 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

4枚目のスーパーびびび&嬉しいコメントを、ありがとうございます!
ここ最近はというかこの夏は、星が見える夜が少なかったので、どうなることかと思いました。
今回はさすがに気合が入っていたので、お天気の神様が味方してくれたかも知れませんね^^

撮影の難度的には高くはないですが、おおよその軌道が分かっても、構図にするのは難しいですね。
ぶっつけ本番の撮影でしたので、いい緊張感がありました☆
たまにはいいですが、これの連続だと疲れそうです(笑
[ 2012/09/19 21:01 ] [ 編集 ]

あおいさん、こんばんは!

5枚目に ホッと していただき、ありがとうございます!
分かりやすい星座と1等星は絵になりますよね。
この明るさというのも、季節感があって気に入っています^^

おっしゃるとおり、きぼうは右から左へと移動しています。
明るさは富士山頂を通過するときが一番明るく、シリウスよりも明るいような印象でした。
思った以上に(スピードが)早く、まばゆい輝きはとても美しいものでした☆
[ 2012/09/19 21:09 ] [ 編集 ]

こんにちは。

すごいパノラマですね(^O^☆♪
こんな素晴らしい景色は滅多に拝めない世界ですよね。
一枚目の朝もやの富士もいいですし、町の夜景の富士もまた素敵です。
さらに、回る星空が加わると、また違った世界がありますね。
さらに、きぼうが加わると、もうたまりませんね(^ー^)ノ
お盆も今度の三連休も休みなしに働いた素晴らしいご褒美でしたね☆彡
素朴な疑問ですが、星が流れるのをこんなに撮る方法って、何枚も合成するんでしょうか。
nexという新しい武器も手に入れてますます撮影が楽しくなりましたね(^O^☆♪
[ 2012/09/21 20:01 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

嬉しいお言葉を、ありがとうございます!

4枚目はどうしても撮りたかったシーンでしたので気合が入りました^^
富士山の登山者の灯りが、1時間の連続撮影で線になるのも狙いでした。
最盛期に比べると登山者は少ないはずですが、こうしてしまえば賑やかに見えます☆

デジカメだと長時間露光には限界があるので、1枚あたり30秒くらいで連続撮影します。
3枚目が30秒で30分なので60カット。4枚目が30秒で60分なので120カットになります。
フリーソフトなどで比較明合成すれば、星が時間分の線となります。
(意外に簡単なので挑戦してみてください)

おっしゃるとおり、今の私にはnexは武器となっているかも知れませんね^^
[ 2012/09/21 23:03 ] [ 編集 ]

こんばんは。
遅ればせながらこっちにも書いてしまいます・・・。

NEX-5Nの高感度は星空撮影にも良さそうですね。
最近のセンサー性能向上はなかなかのもののようです。
といっても、やっぱりこういう写真を撮るにはポイント選びや
タイミングのほうが重要なんでしょうが・・・。
夜中の撮影、さぞかし大変だったことと思います。

そんな苦労の中にきぼうが見えるんでしょうねぇ・・・
[ 2012/09/23 22:30 ] [ 編集 ]

すずさん、こんばんは!

5Nは高感度性能もですが、低感度の描写力も素晴らしいものがあります。
ローパスが薄いんでしょうかね、キレと空気感はα700なんてものではないです。
使うのが楽しくて、このままだと5Nがメイン機になってしまいそうです^^;

今回の撮影では どうしても登山者の灯りに飾られた 夏富士を入れたかったのでした。
天候不順が続き、連休は仕事でしたので、どうなることかと思いました。。。
輝きながら西から東へと進む 「きぼう」 を見れたのは幸運でした^^
すずさん、いいこといいますね^^

撮影が終わってから気付きましたが、雲も飛行機にも邪魔されない1時間でした。
[ 2012/09/24 17:52 ] [ 編集 ]

condorさん、こんばんは。大変ご無沙汰になってしまっています。。 
プチ近況をお話しますと、九月の人間ドックでなかなかまずい結果を戴いてしまったものですから、
健康志向にと思って最近チクチクとお山歩きを復活させて来ました。が、久しぶりに行った滝への
道中前向きに転んで胸を打ち、ついでにウェストバッグに入れてたGRDを打って破損(泣) この後
すぐに使う必要があった為、ⅢからⅣに昇級しました(笑)

そしてすいません、前の記事のコメントになってしまって・・・
「カワラヒワの思い出」に「きぼう」の話が出ていたので、その記事を読ませていただきました。
そうしたらそれが素晴らしくてどうしてもコメントさせていただきたかったのです。
やっぱり四枚目!まさに一撃必殺ですね~ 構図も素晴らしいし、「きぼう」の位置も素晴らしい。
本当に美しい写真です。そしてラストの写真で、今までお祭りのような感じだったのがフっと静か
になり、余韻が後を引く感じが上質な組写真のようです。
そしてシャープな写真は見ていてとても気持ちがいいです。道具もそうですが、condorさんの繊細
な感覚があってこそですね。
[ 2012/12/04 23:58 ] [ 編集 ]

よ~かんさん、こんばんは!

お久しぶりです^^
まずい結果といえども、山歩きなどの健康志向で、改善できそうで良かったですね^^
山歩きもだめです!なんてなったら大変ですから、ここで体質改善ですね☆
でもカメラの損害は現実的に痛いですね。。。
前向きに転ぶのはかなり危険だったはずなので、大怪我がなかったのは不幸中の幸いと思いましょう。
損害はたしかに痛いですが、何気にGRDのⅣも楽しみだったりします^^;

4枚目はよ~かんさんに見てもらいたかったんですよ。
合成後の等倍だと破線になりますが、コンポジットは良いですよ!
(キャノンの場合だと8秒くらいだと破線にならないらしいです)
露出のチェックも出来ますし、今回のように明るくなる場合でも、合成で融通が利きます。
デジタルでは無理だと思っていたシーンが撮れるのは夢のようです^^

そして4枚目についてですが、きぼうがどこを走るか緊張しました(笑
換算18mmですから構図に入らないことはないと思いましたが、1時間前から撮影を始めたので
撮影が終わる1時間後までドキドキの連続でした。
撮影が終わって液晶確認で連続再生したときは、自然にガッツポーズがでました^^;
今年一番の大勝負だったと思います^^

そして5枚目ですが、緊張から開放されてリラックスして撮影しました。
ずっと見えていたはずの冬の大三角&オリオンが特に美しく見えました。
不思議ですね。そういう精神状態が写真にでるんですよね。
4枚目、5枚目ともに嬉しいお言葉をもらえて光栄です☆
ありがとうございました!
[ 2012/12/06 00:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/967-f03700dd