権現岳 ~夏の思い出~

gongendake001.jpg
(nex-5n)
今年は夏から秋にかけて忙しかったのもあって、あっとい間に夏山シーズンが終わってしまいました。。。
遅めの夏休みもあったことはありましたが、天候不順やら台風やらであまり収穫がなかったような^^;
それでも きぼうの光跡 など狙いを定めたシーンが撮れたりしたのでよしとしておきます。
で、今回は遅れに遅れた八ヶ岳の権現岳の写真です。
いつもながら枚数過多のエントリーですが、夏の思い出ということで、暖かい気持ちで見ていただければと思います。


gongendake-map.jpg

今回は八ヶ岳の権現岳&赤岳を1日で歩いてしまおう!というのが狙いでした。
観音平から青年小屋を目指して権現岳のピークを踏んで、キレットコースにて主峰赤岳を目指す予定でした。
甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根ほどではないにしても、観音平からだとそこそこ手強いのかと予想していました。
で、歩いたのは青のコースでいたって普通です(笑

権現岳まではハイペースで登り、8:00くらいには山頂に到達していたのですが、湧き上がるガスを見て急遽予定変更しました。
そして稜線上は凄まじい風で、お気に入りの帽子が飛んでいってしまう悲劇もあったりしました。。。
挑戦はまた次回ということで、権現岳の頂上でまったりとして、三ツ頭方面へと下山する選択をしました。

夏山シーズン真っ盛りということで登山者は多く、口々に 「今日は良い天気だね!」 と声を掛けられましたが・・・。
「どこがじゃ???」 と心で思いながらも、会釈で 「そうですね^^」 と応対する世渡り上手のcondorさんでした^^;
登った日は8月28日。前日の週間予報ではその週一番の天候ということで選んだ日でしたorz
こんなスタンスなので、いまだ山で雨に降られたことは1度もないんです。まあ、日帰り中心の立ち回りですからね^^

gongendake002.jpg

観音平を4:00くらいに出発しましたが、雲が立ち込めて星が見えなく不安な出発でした。
案の定、日の出時もうす雲に覆われてすっきりしません。。。が、朝焼けはとても美しく、登山道が真っ赤に染まるくらいでした。

gongendake003.jpg

静寂な朝。

gongendake004.jpg

青年小屋に到着したのは6:30。
写っている方と権現岳山頂でお話をしましたが、小屋まで凄い勢いで登ってきて、権現方面に向かった姿が強烈だったそうです^^;
権現の稜線へ出るまでは赤岳を目指していたので凄い勢いだったと思います。

gongendake005.jpg

稜線まであと少しの位置から御嶽山。雄大です。

gongendake006.jpg

通り過ぎた青年小屋と5月に登った編笠山が遥か下に見えます。
編笠山には2度登っていますが、この景色を見てしまうと登る機会も少なくなりそうですが・・・。
(編笠山の背後には(左から)北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳のお馴染みの顔ぶれ)

gongendake007.jpg

稜線の直前にはこの鎖場が立ちはだかります。無雪期はなんの問題もないですが、5月などの残雪期には注意が必要そうです。
雪山経験が乏しい私には、多少 無理が利く編笠山がお似合いのようです。
ちなみにここで谷側に落ちたら上がってこれないでしょう。。。

gongendake008.jpg

先ほど青年小屋にいた人たちが鎖場にやって来ました。人が入るとなんとなく雰囲気が分かりますよね。
個人的にはこういう場所は苦手だったりします^^;
撮影中にリュックが岩にぶつかって危ない思いを何度もしました。(上の写真みたいのを撮影するなという感じです)

gongendake009.jpg

稜線に到達。権現岳は双耳峰で西側に位置するギボシからの景色。
ここでお気に入りの帽子を強風で飛ばされます。。。もの凄いショックでした。
以前に海釣りに行って初おろしのリール(シマノカルカッタ¥35,000)を、海に落としたのと同じくらいショックでした(笑
金額はリールほど高価なものではないですが愛着のあったものなので。。。

gongendake010.jpg

権現小屋と権現岳(東峰)山頂。

gongendake011.jpg

権現小屋入り口の鐘と南アルプス。いまいちイメージどおりに撮れなかった^^;

gongendake012.jpg

東峰の頂上を手前にして権現小屋、青年小屋、編笠山を見下ろして。

gongendake013.jpg

計画では歩くはずだったキレットコースと主峰赤岳。時間的&体力的な諦めではないですが、ジッと睨んで来年の挑戦を誓います。
赤岳単独では簡単に登れるのですが、個人的にはキレットコースに拘りたいので、来年もこのコースで目指したいと。。。

gongendake014.jpg

東峰頂上と富士山。
4時間ちょっとで来られるので、鳳凰山よりも星空撮影に適しているかも知れません。

gongendake015.jpg⑮(ワイドパノラマ、クリックして見てください^^)



動画です。

gongendake016.jpg

いよいよ東峰山頂を目指して進みはじめます。

gongendake017.jpg

山頂到達。右側は切れ落ちて高度間満点ですが、恐怖心はそれほどなく居心地の良い山頂でした。
まったりするのが目的でしたので1時間ちかく滞在しました。
赤岳を目指していたら必死にあるいていたところですが、こんなのんびり山行もたまには良いものです。

gongendake018.jpg

山頂は狭いスペースしかないので、他の登山者がいれば譲らなければならない感じですが、2人しか来なかったので独占状態でした。
岩によじ登ったりして、いろいろなアングルを楽しめました。

gongendake019.jpg

この時点ではもう1つ登る山を決めていましたが、結果的にこれが最後の夏山となりました。
その最後の夏山でのんびりできたので思い残すことはありません。

gongendake020.jpg

登ったコースをピストンする予定でしたので、周回コースの三ツ頭へ行けたのは収穫でした。
権現から下っての三ツ頭への登り返しには参りましたが、冬のルートを考えると歩いて損はないコースです。
まあ、冬は登らないと思いますが^^;
当初は権現岳&赤岳という計画で挑んだ今回の山行、結果的には権現岳のみとなりましたが、まったりとした登山を楽しめました。
下山とともに八ヶ岳は雲の中となりましたので、天候面でも良い判断となったかと思います。
タイトルに夏の思い出と記載しましたが、写真を見ながら夏の景色と改めて実感しました。

①、④、⑭~⑱、(E16mm F2.8&VCL-ECU1)
動画含め上記以外(E18-55mm F3.5-5.6 OSS)


[ 2012/10/10 19:19 ] 山歩き・山梨百名山 | TB(0) | CM(6)

こんばんは
今回も力が入った登山エントリーですね。(^^)
condorさんは本当に険しいところを登っていらっしゃるんだなぁと改めて思いました。
8枚目の鎖場とか山頂の岩場とか,臨場感たっぷりでした。
動画も拝見しましたが,風の音がすごいですね。
写真的には,1,3,13に惹かれました。
5枚目の御嶽山サービスカットも良かったです。(笑)
[ 2012/10/10 19:40 ] [ 編集 ]

MJKさん、こんばんは!

2つに分けるのも面倒でしたので、一気にアップしてしまいました。
今見ると思いっきり夏山で、季節が変わったことを改めて感じました(笑
ちょっと引っ張りすぎちゃいましたね^^;

鎖場は想像以上に緊張する場面でした。冬山だと危険な場所になりそうです。
それに対して皆さんが怖いという山頂は、たいしたことはありませんでした。
今回はじめて登る山だったので、ロケハン的に楽しい撮影となりました。

たくさんの写真に嬉しいお言葉を、ありがとうございました☆
決意表明の13枚目は特に嬉しかったかも知れません。
おっしゃるとおり、5枚目はMJKさんへのサービスショットでした^^
[ 2012/10/10 20:32 ] [ 編集 ]

おはようございます。
お天気が良くてよかったですね。
素晴らしい山景色を堪能させていただきました。
視界も最高に透明度があっていいですね。
久々の山行、十分に楽しめてよかったですね。
それに富士山がやっぱりカッコいい。
しかし、鎖場なんか見ると、私はとてもダメです(^^;)
[ 2012/10/11 08:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/10/11 22:48 ] [ 編集 ]

tazuさん、こんばんは!

この時点では良い天気でした。
予報とは裏腹に崩れそうな気配でしたので、長丁場は挑まずに折り返しました。
そのおかげでこの天候の中で山頂にいれたので良かったです^^

鎖場は話には聞いていましたが、思った以上にワイルドでビビりました^^;
個人的には鎖場と梯子がきらいなので、このコースは注意が必要そうです。
まあ、2回目だと恐怖心も薄れているかも知れないですね(笑

権現岳からの雲海越しの富士山は美しかったですよ^^
いろいろな富士山を見ていますが、雲海に頭だけ出す富士山は雄大さを感じます。
さすがは日本最高峰という感じです☆
[ 2012/10/11 23:18 ] [ 編集 ]

鍵コメさん

気にしなくても大丈夫です^^
もし何かあればそうしていただければと思います☆
よろしくお願いします♪
[ 2012/10/11 23:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://desertfoxblog.blog27.fc2.com/tb.php/972-aba4dc63